ジュースダイエット要約

てんさい糖と生姜紅茶

100-5.jpgりんごニンジンジュースに欠かせないしょうが紅茶。
そこに入れるのはショウガだけでもOKです。

でも、それだけではカロリー不足で血糖値が下がり、フラフラに・・。
それを防ぐために、紅茶に砂糖をいれましょう。

ただし、白砂糖はやめた方がいいです。
カロリーはおなじですが、成分が違います。

人間の体は食物から栄養を取り入れています。
しかし、取り入れるにはルールがあるのです。

人体は白砂糖のように完全に精製してある物質が苦手なのです。
人間の体は栄養素もバランスが保たれています。

ある物質だけ大量に取り入れますね。
するとバランスを取るために反対の働きをする物質を必要とするのです。

つまり、白砂糖を大量にとると、ミネラルバランスが崩れますので栄養不足になるのです。
せっかくにんじんリンゴジュースでビタミンをとっても台無しでしょう。

それを防ぐために、白砂糖はやめた方がいいのです。
では、黒砂糖ならどうか?

白砂糖よりは良いと思います。
黒砂糖はミネラルが含まれているので、体内バランスがおかしくなることはないでしょう。

しかし、黒砂糖(とうぜん白砂糖も)「単糖類」なので、非常に消化吸収が早いのです。
そうすると、血糖値が乱高下しますね。

すぐに上がって、すぐに下がるわけです。
そうすると、体がまた砂糖を欲しがります。

これを繰り返すと性格的にキレやすくなるという説もあります。
怖いですね。でも一理あるんですよ・・。

まあ、それはさておいても・・。
すぐにお腹がすく(血糖値が下がる)のは事実。

これでは困るわけですね。すぐにお腹が減って血糖値が下がり、フラフラですよ。
そこで、てんさい糖の出番なのです。

黒砂糖はご存知のように「サトウキビ」からできるものです。

しかし、てんさい糖は「てん菜」から作られます。
さとう大根とも言われていますね。

北海道が産地なので、陰陽理論から言ってもサトウキビより体を冷やしにくいともいえます。
そして、なにより、てんさい糖は「多糖類」が主成分です。

いわゆる「デンプン」ですね。
だから、砂糖の単糖類よりも消化吸収が穏やかなのです。

まあ、ごはんやパンを食べたようなものでしょう。
だから、お腹もちが良いのです。
もちろん、黒砂糖とおなじようにミネラルは入っています。

しかも、てんさい糖には黒砂糖に含まれていないものがあるのです。
それが「オリゴ糖」というものです。

これは、人間の腸内に住んでいるビフィズス菌の育成を助けるものです。
腸内環境を整えるのに、とっても良いわけですね。

だから、ショウガ紅茶に、てんさい糖をたっぷり入れているわけです。
そうすると、私の場合、6時間くらいは全然平気です。

みなさまも、てんさい糖をお試しください。
効果あると思いますよ!
タグ:ダイエット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。