ジュースダイエット要約

ニンジンリンゴジュースと生姜紅茶

cake3s.jpgにんじんリンゴジュースダイエットを行う場合、必ず一緒に飲むのが生姜紅茶です。
普通の紅茶にすりおろした生姜を入れて飲むだけ。

これは絶対欠かしてはダメです。
なぜなら、生姜を入れることで代謝がよくなります。

そして、体内の水分を排出してくれるからです。
早い話、お小水がたくさん出るわけですね。
りんごニンジンジュースだけではそんなに出てきませんしね。

それに、秋から春にかけてはニンジンリンゴジュースだけでは少々冷たいですよ。
それが、あったかい紅茶を飲むことでちょうど良くなるのです。

特に朝ごはんの代わりにするので、あったまる事が大事です。
朝から寒いのでは体に悪いです。

たとえば寝坊したとかで、ジュースは作れなくても、しょうが紅茶は飲んだ方がいいですよ。
お湯さえあれば、すぐ飲めますから。

それに、すりおろししょうがは冷蔵庫に入れておけば2日くらいは充分もちます。
そこから小さじ1杯くらいの生姜を入れます。
液体の部分と繊維の部分と両方一緒に入れちゃいます。

私の場合、さらに大きめのマグカップに、たっぷりとてんさい糖を入れて飲みます。

だいたい、小さじ3杯くらい入れますね。
生姜と紅茶だけでも飲めますし、まずくもないです。

ピリッとしてけっこういける味です。
なんで砂糖を入れるのかというと、エネルギーの補充なのです。

なにしろ、りんごニンジンジュースと紅茶だけで昼までお腹をもたすわけです。
カロリーが不足して、血糖値が下がるとフラフラになります。

紅茶にたっぷり砂糖を入れることで、それを防ぐわけですね。
充分に効果がありますし、ちゃんと昼までお腹が持ちます。


タグ:ダイエット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37683194
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。