リンゴとニンジン関連

ニンジンの旬と産地の比較

せっかくなので、ニンジンの旬も書いておきます。
スーパーには一年中おいてあるので、旬など感じさせません。

でも、本当はあるのです。
季節によって生産地を変えているから品切れしないのですね。

有名なニンジンの産地は「徳島」「千葉」「北海道」です。
ニンジンがたくさんできるのは春と秋なんですね。
そのぐらいの気温でよく育つわけです。

出荷は、だいたい、冬場は千葉産が多く、夏から秋は北海道。
春は徳島産になって、初夏には外国産も多少出回ります。

私が見かけたのではニュージーランド産などがありました。
味は良好です。かえっておいしいかも・・。

あと、年末の一時期だけ長いニンジンが出回ります。
これは、ニンジンの東洋種で、伝統料理に使われるものです。

通常出回っているのは短いニンジンの西洋種です。
ジュースには西洋種の方が向いています。

ついでに、泥付(土付き)人参というのも売っている店があります。
私の店でも販売しています。

まあ、好みだと思いますが、通常のニンジンは洗ってありますね。
これは、薄皮を取った状態だと思ってください。

泥付ニンジンは皮もそのままなので栄養価は高いし、あるていど保存がききます。
多少、手間がかかりますが、お好みの方を選んでください。

☆ 茨城県産完全無農薬土付にんじん10kg 3200円
♪こちらのショップがおすすめです。土付は比較的長期保存できますよ。まとめ買いです〜♪
http://item.rakuten.co.jp/pika831/10002388/



このブログを読んでもっと知りたいと思った方は、ぜひメルマガも読んでやってください♪
◇『まぐまぐ!』メールマガジン◇ダイエットの考え方がわかりますよ〜。
〈タイトル〉
【ダイエット成功法】〜カロリーコントロールなしで簡単!
◇バックナンバーが見られます◇
http://www.mag2.com/m/0000225443.html

◇ホームページへもお越しください!◇ダイエットのテキストを無料で配布しています◇
〈シンプルダイエット〉ホームページ
http://www.simple-diet.net

タグ:ニンジン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。