リンゴとニンジン関連

リンゴの旬と品種の比較

ニンジンリンゴジュースをやる場合は季節が重要になってきます。
1年中できるといえば、できるのですが、やはり良い季節があります。

それは人参とリンゴの収穫時期と関係があるのです。

まずはリンゴ。

リンゴもほぼ、1年中出回っています。
しかし、ご存知のように、リンゴの収穫は秋ですね。

一般的に夏は品質の高いリンゴを手に入れるのが難しくなります。
他の野菜や果物は輸入物が出回りますが、リンゴはほぼ国内産100%です。

ジュースなので夏場は飲みやすいのですが、リンゴがないことにはできません。
この時期はにんじんリンゴジュースをやらないか、他の果物や野菜で代用するか・・。それとも、価格が高くて、品質の悪いリンゴを使うか、市販の100%リンゴジュースしかありません。

これは課題ですね。
しかし、ニーズが高まれば輸入ということも考えられます。
皆さんで声を出し続ければ実現すると思います。

さて、真夏はリンゴが手に入りません。
しかし、8月下旬になると「つがる」というリンゴが市場に出回り始めます。
待ちわびるという感じに近いですね。

だから、その時期はかならず「つがるりんご」を使うことになります。
さわやかな食味のつがるは本当にうれしいリンゴですね。

しかし、つがるは長期保存ができないので、そのうち身が柔らかくなります。
そうすると食味が落ちてきます。
つがるの季節は1ヶ月位で終わりです。

その次にジョナゴールドが出回りはじめます。
つがるに似たリンゴで、10月頃は多く見かけます。

しかし、やはり長期保存ができないので、しだいに柔らかくなってきます。
ジョナゴールドの期間も1ヶ月位でしょう。

でも、11月ごろになると、しだいにほとんどのリンゴが出揃います。
その頃には「ふじリンゴ」が出回ってきます。

ようやくリンゴの王様が出てくるわけです。
同じく「王林」も出てきます。

ふじリンゴが出てくると、収穫量が多いですから、売り場はふじばかりになります。
でも、おいしいリンゴなので全然問題ありません。

でも時々、趣向を変えて王林を使ったりするといいですよ。
甘みが強いので、ジュースの味がずいぶん違ったものになります。

あと、贅沢を言えば、ニンジンりんごジュースにはレモンを入れるといいです。
リンゴは酸化するのが早いのですぐ茶色くなります。

ほんと、1分もしないうちにジュースの色が変わってきます。
ところが、レモンを入れると変わらないのです。

レモンの酸が酸化を防ぐわけです。
むいたリンゴの色には食塩水をつかうといいのですが、ジュースに塩を入れるわけにはいきません。笑

そこで、レモンの登場です。
ただ、あたり前ですが、少し酸味が強くなります。

リンゴ1個に対して、1/4カットも入れれば充分効果があります。
入れすぎるとすっぱいので注意です。

紅く美しいニンジンリンゴジュースの出来上がりです♪



このブログを読んでもっと知りたいと思った方は、ぜひメルマガも読んでやってください♪
◇『まぐまぐ!』メールマガジン◇ダイエットの考え方がわかりますよ〜。
〈タイトル〉
【ダイエット成功法】〜カロリーコントロールなしで簡単!
◇バックナンバーが見られます◇
http://www.mag2.com/m/0000225443.html

◇ホームページへもお越しください!◇ダイエットのテキストを無料で配布しています◇
〈シンプルダイエット〉ホームページ
http://www.simple-diet.net

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。